orzのポケ日記

風俗ブログではありません。

大人のピンサロVGC対戦レポート〜チーム戦〜

ピンサロVGC!!
ポケモンバトルだけでは満足出来ねえバトルジャンキー達が集う今最もHotなルールだ!!


というわけでeSRラウンジの二次会、ピンサロへ行ってまいりました。本記事はeSRラウンジとは一切関係ありません。


全然その日は全く射精の気分じゃなかったんだけどな・・・普通に前日全力でシコってたし・・・。


まず1つ言わせてもらうけど、ラウンジの会場が新宿歌舞伎町。

これがダメだよね。俺のホームじゃん。
対戦終わったらそっちでも対戦頑張ってね^^って言ってるようなもんだよ。


あとポケモンマン風俗好きすぎるだろ!!思わずこの周辺結構楽しい店あるよって誘っちゃった俺もおちんぽだけどさ!!




というわけで総勢5人の参加者が集い、決戦場へ赴くことになりました。あれ、多くね?


一応名前は伏せますが、


Iさん
Sさん
Kさん
Sくん


の強力なチームです。
先鋒、次鋒、中堅、副将、大将…まるでおちんちん剣道試合。


今回は僕のオススメの店がラウンジ会場から歩いて2分(これおかしくね?)の場所にあるのでそこへ出陣。


赴いたお店はMなプレーを体験してみたい人向けのイメージサロンです。
僕だけ3度ほどお世話になっていて、他の4人は初体験。





〜事前にwebサイトを見る僕たち〜


「オプションの鼻フックいいなぁ〜でも俺ちょっと風邪気味で鼻水キツいから今回できないのが残念…」


「脱ぎたてパンツ被せてもらえる!?お持ち帰り!?ラウンジ抜けて行って顔につけて配信映っちゃうか!?」


「おパンツVGC!!おまんこVGC!!おちんぽVGC!!フッフ〜〜〜!!!!」




行くべきのは風俗ではなく精神科では?????




地下に降っていく店舗なんだけど、入口前の階段で5人1列に並ぶ姿はまるで遠足先で小学生が博物館へ入場待ちをしているようです。ま、ある種の社会見学だからな。


土曜の夜ということもあり混んでいる様子。そりゃそうだ。いきなりオタク集団に並ばれてボーイもビビってたわ。




じゃんけんで順番を決め、先鋒以外は適当にぶらつき時間を潰すことに。


先鋒:Iさん
次鋒:Sさん
中堅:僕
副将:Kさん
大将:Sくん


あ、ルール説明を忘れていました。今回はポケ勢らしく全員シングルフリーで潜っています。


ゲーセンで20分ほど遊んでいるとそろそろ時間に。後ろ2人にキモオタスマイルを見せお店へ向かいます。


事前にアンケート用紙を書いて要望を伝えるのですが、僕はもう慣れたものなので、


△筆(あまりアド取れない)
〇洗濯バサミ(結構気持ちいい)
〇ムチ(強めに、とわざわざ追記)
◎噛み付き(30%の確率で僕をひるませる。)
◎顔面騎乗(それ!!)


経験上あまりこれ意味無いですけどね。どうせ女の子の日なんでしょはいはいって感じで1度も顔面騎乗されたことはありません。


雰囲気で拒否られてる…いやいやないない…ないよね?




さて初手対面。
嬢さん対戦よろしくお願いします^^
「よろしくお願いします〜」




ん……?


あ〜……




5,000円のレアガチャにノーマル以下混ぜるなや…パズドラよりひでえよ…


最初の印象は、クラスで可愛い子選ぼうぜ!となって下から2番目になるまで名前すら挙がらない娘って感じでした。


このお店、全体的な女の子の種族値の高さを評価していたんですよね…。


でも逆に燃えてくるスーパー早漏僕。
今まで引いたガチャの中でも1番ランク低かったし、今回は早漏改善、いや、イカないまであるのでは!?


イケイケ早漏!(イったら意味無いが)
がんばれがんばれ早漏!!
オ〜〜〜!!!!!!








〜5分後〜


僕「あ〜…ちんぽはあまり触らないでね…すぐ出ちゃう…」


……。


今後は対魔忍orzと呼んで下さい。


話していると性格かなり良い娘だったので申し訳なかったです。
「俺めちゃくちゃ早漏で悩んでるんだけどどうすればいい?」と人生相談するぐらいには良い娘。
「力込めてオナニーしようよ!」ってアンサーもおかしいけどね?


プレー中には最初アイマスク、手枷をするんだけど、先鋒・次鋒のIさんSさんもこんな姿勢で攻められてたのかと思うとゲラゲラ笑いが止まらなくなってその時は秒でちんぽがふにゃりました。


なんで全裸でちんぽ勃たせて乳首舐められながらアイツらの顔思い出さないとあかんのじゃズルいでしょ!


割と早漏改善には使えるかもしれない。でも複雑な心境だ…。


なるべくちんぽノータッチにしてもらい、お口でフィニッシュ。今回はまあまあ頑張れました。案の定顔面騎乗されなかったけどね!


パウダーシートで拭いてもらいながら、「あ、タバコ吸っていい?」ぐらいの軽さで「あ、乳首吸っていい?」と要求する僕。実に図々しいですね。


やっぱり僕は発射回数無制限のお店じゃないとアド取れないのでは。


一応目をつけている店はあるのでまた今度行きましょうねオタクの皆さん。




そんなこんなで賢者と化して遊技場を出ると、狭い待合室にはKさんとSくん。やめろ…!そんな目で射精した直後の俺を見るな…!


なるべく顔を合わせないようにして退店すると出口では


IさんSさん「よお、お疲れ」


逃げ場がねえ!




反省会を開きながらマックまで移動、


「顔そこそこ可愛かった」
「値段相応では」
「ひたすら乳首攻められたからTシャツ擦れて感じちゃう♡」
「おっぱいグッドスタッフ」
アイマスクしてたらお前の顔が浮かんでちんぽ萎えた」


などなど。真剣に考察を進めながら後ろの2人の対戦終了を待ちます。


しばらくすると後ろ2人が帰還。対戦ありがとうございました。




「じゃあみんな、最後にトモチケパキろ〜♡(嬢からのお手紙を見せ合うことの意)」


(Iさんは速攻無くしてしまったので写真は4人です)






……。








あれ、SくんもJちゃん?
俺の直後だよね?








その日、俺達はになったんだ…。




おしまい。